HHKB Pro2 USキーボード を日本語環境で使う

公開日: : 最終更新日:2015/10/29 PC

Ebony and Ivory

日本語環境で USキーボードを使うには

USキーボード は英語圏での利用を前提としており、日本語入力を想定した作りにはなっていない。

これは、英字タイピングを主とするプログラマや英文タイピストにはメリットがある一方で、日本語環境で使用する際には少し不便な面もある。

押下したキーと異なる文字が入力される? →でも大丈夫!!

Windows 系 OS で、日本語キーマップを利用しているケースでは、このような現象が発生する。

  • 数字やアルファベットについては、問題なく入力できる。
  • @マークや[]{}=+などの記号マークについては、日本語キーマップとUSキーマップで配置が異なる。

このような場合は、PFUの公式ホームページで公開されている「HHKBキー配列変更ツール」を利用することで、OS上のキーボード設定を「日本語」に設定したままでもHHKB Professional2 からUSキーマップで文字を入力することができる。

このツールは無償で配布されており、誰でも利用することが可能である。

尚、 OSX で利用する場合は、このようなツールを利用する必要はなく、キーボードを接続した瞬間から入力ができる。
(但し、DIP スイッチのモードは MAC に合わせておく必要があるので注意する。)

PFU HHKBキー配置変換ツール
HHKB Professionalシリーズ取扱説明書
FAQ

USキーボード でも英語モードと日本語モードの切り替え


(c) .foto project

US配列なので、日本語配列のキーボードのように「全角/半角」の切り替えキーが存在しない。

これは、Windows系のOSの場合、右ALT+`キーを押下することで、入力モードを切り替えることができる。

OSX であれば、Command + Space で切り替えが可能だ。

OS KEY
Win 右ALT + `
Mac Command + Space

Windows系OSの場合に行うモードチェンジに割り当てられたキーを押すためには、ホームポジションを大きく崩さないといけないので、タイピングにおいては結構なロスが発生する。

これを回避するために、OSXと同様のキー割り当てを実現できないか検討してみた。

AutoHotKey というフリーウェアを使うことで、ホットキーの割り当てを変更することができるので、これを利用することにした。

キー設定を簡易なスクリプトを記述し、これを読み込ませたソフトを常駐させることで、キー割り当ての変更を実現している。

  • 設定を変更したキー配列
    機能 キーバインド
    日本語・英語切替 Command + Space
    コピー Commend + c
    ペースト Commend + v
    カット Commend + x
    アンドゥ Commend + z
  • — キー定義変更スクリプト —


#Space:: Send {RWin down} Send {VKC0 down} Sleep 100 Send {VKC0 up} Send {RWin up} return #c:: Send {RWin down} Send {c down} Sleep 100 Send {c up} Send {RWin up} return #z:: Send {RWin down} Send {z down} Sleep 100 Send {z up} Send {RWin up} return #v:: Send {RWin down} Send {v down} Sleep 100 Send {v up} Send {RWin up} return #x:: Send {RWin down} Send {x down} Sleep 100 Send {x up} Send {RWin up} return

このソフトは英語で公開されており、ヘルプも英語で記述されている、有志による日本語情報サイトなどもあるので、必要があれば参照してみるのもいいだろう。

DSC02425

関連記事

数字でみる HHKB Pro2 の秘密

HHKB の外寸サイズ 横幅 294 mm 縦幅 110 mm 高さ 40 mm

記事を読む

HHKB Professional2 (US配列)を使う6つの理由

コンパクトで省スペース 打鍵感がサイコー BSの配置が絶妙 Ctrlの配置が小指に優しい

記事を読む

作業効率を上げるために キーボード を再考する

キーボード が満たすべき4つのこと いつも、何気なく使っている キーボード について考えて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイフォン を ソフマップ買取 に持ち込んだ結果

ソフマップ買取 サービス を利用して アイフォン を引き取ってもらいま

au vs mvno 徹底比較

au から mvno に MNP して数ヶ月たちました。 実際に運用

まだまだ売れる iPhone 5s 買取価格

iPhone 5s の発売から2年経ちました。 なんだかバッテリーの

NifMo が始めた 通話定額 サービス の盲点

mvno キャリアによる 通話定額 への期待 スマホユーザーの中

モバイルバッテリー の選びかた

モバイルバッテリー は、各社から様々な製品が販売されています。 それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑